妊娠線の予防はクリームとオイルどちらがおすすめ?

MENU

化粧用の乳液をぬっていました

妊娠線が出たらどうしようと実は妊娠初期からひそかにおびえていたことでした。

 

妊婦向けの雑誌など買って読んで勉強してみると、妊娠線予防クリームなるものが売っていることがわかりましたが、つわりがひどくわざわざ出かけて買いに行ってという気持ちになれず、とりあえず間に合わせにと、家にあった化粧用の乳液を風呂上りにお腹にぬることにしました。

 

というのも、私、敏感肌用の化粧品を使っていたのです。確か、ちふれか無印良品かどちらかでした。(どちらからも安価で敏感肌用の化粧水、乳液が出ていておすすめです)

 

ちょうど夏だったので乳液は使わない時期だったのであまりも無駄にならなくてすむと一石二鳥だったわけです。

 

いくらぬっても敏感肌用なのでピリピリすることもなく安心です。

 

わざわざ高いクリーム買わなくてすんだと思っていました。

 

安いから惜しみなく使えるということでたっぷりつけていたのがよかったのかもともと体質だったのか妊娠線は出ることなく無事出産しました。

 

ただし出産後、授乳を開始して胸が急激に大きくなり胸に妊娠線と同じ状態の肉われが出てしまいまいましたが・・・。

 

終盤にかぶれて断念し、妊娠線&肉割れ出現!

 

現在二児の母です。

 

一人目のとき妊娠線と肉割れがお腹に出来て、産後はしぼんだお腹にしっかり残りました。回復することなく二年後に二人目を妊娠し、産後約半年の現在は、実は一人目のときより線が薄くなっています。

 

一人目のときは、初めての妊娠のため、妊娠線は絶対作りたくない!と張り切って予防クリームを塗っていました。

 

まず使用したのは「エルバビーバ」のチューブ入りクリーム。香りがとても良く、かなりしっとりしていました。芸能人のブログでも何度か登場しているのを見たことがあります。まだ初期の頃に使用していたので効果は特に実感のないまま、四千円以上という値段が辛くてリピートはしませんでした。

 

次に使用したのは「ママ&キッズ」のポンプ入りクリーム。香りは微香で、前回のよりもずいぶんサッパリな使用感でした。お値段も約三千円で、前回よりは少しお手頃です。総合的に、こちらのほうが気に入っていたのでリピートしようと思っていました。

 

「ママ&キッズ」を使いながら妊娠後期を迎え、ひとまず妊娠線とは無縁でした。

 

が、臨月にもなると、とにかく最後の追い込みでグングン成長するお腹に皮膚がついていけず、つっぱって痒くてしかたありませんでした。とにかく妊娠線は作らないようにと、なるべく手入れはしていましたが、クリームを塗ったお腹にマタニティ用の大きな下着がピタっと張り付き、それにかぶれて更に痒くて痒くて…。

 

ついに手入れを放棄しました。そうしたら案の定、悲惨な状態になったのです。

 

でも「頑張って産んだ証!」と開き直り、産後は放置し、二人目妊娠中もほぼ手入れはしませんでした。たまに、顔用の化粧水と乳液をお腹にも分けてあげた程度でした。

 

二人目産後は、また同じような状態。でも、引き締めたくて購入した産後用の胸下まであるガードルを着用していたら、なぜか肉割れが薄くなっていました。引き締めたのがよかったのかなと、主人と二人で驚いています。

 

妊娠線の予防と対応の記録

 

初めて妊娠する前から、「妊娠線」という言葉は知っていましたので初期からマタニティグッズのネットショッピングで妊娠線予防のグッズを調べたりしていました。

 

しかし、知らない間に出来ていました…。お腹周りばかり気にしていた私ですが、どうやら太ももの裏にも出来ていたのです。お腹にしか出来ないものだと思っていたので、かなりびっくりしました。

 

初期から妊娠線予防として行っていた方法は、ソンバーユやシアバターをお風呂上りに擦り込んでいました。気が付いた時には、午前中なども塗るなどして一日に数回は使用すると効果が高いそうです。

 

しかし、何も知らない私は太ももに塗ることはしていませんでした。後から妊娠関連のサイトや口コミを見ると「太ももにも出来るので要注意」とありました。それでも結局お腹周りにも出来てしまいました。

 

急激に体重を増やすと出来やすい。乾燥肌だと出来やすい等聞きますがやはりその人の肌質によるところが大きいと思います。ただお腹があまり出ない人は妊娠線も少ないようです。

 

私は逆にお腹が前へ出やすい為、とてもたくさん出来てしまいました。

 

結局二人目の妊娠の時も出来ましたが、今ではだいぶ薄くなってきています。時間がたつにつれ目立たなくなるそうですが、やはり努力が大切だと思います。お風呂上りにボディクリームをつける習慣がなかったのですが、産後はドクターシーラボの?リペアオイルやヒルドイドローションを妊娠線が残る個所にしっかりすり込む習慣が出来ました。

 

リペアオイルもヒルドイドローションも、シミや湿疹・やけど等でできた痕を消す作用があります。何もしないよりは効果が出ていると思います。

 

妊娠線予防クリーム いつから